懐中電灯が発明されたのはいつですか?照明の歴史

懐中電灯が発明されたのはいつですか?照明の歴史 Leave a comment

懐中電灯は何世紀にもわたって存在しており、その発明は謎に包まれていますが、この記事では、この重要な技術について知る必要があるすべてを学びます.彼らが生まれた場所から、彼らができる驚くべきことまで、この探求を 懐中電灯 レガシーは、歴史上最も遍在するアイテムの 1 つに対する理解を明らかにします。この記事を読み続けて、懐中電灯がいつ、どのように発明されたかを正確に理解してください。

懐中電灯の歴史(懐中電灯が発明された正確な時期)

懐中電灯は 1795 年に発明されました。 ニコラ・ジャック・コンテ.彼は、暗闇の中で見るために使用できる小さな手持ち式ランプのデザインを作成しました。しかし、彼の設計は実用的ではなく、他の誰にも採用されませんでした。

1806 年、ジョゼフ=ルイ・リュミエールは、自作のハンドヘルドのプロトタイプをデモンストレーションしました。 ランプ パリ万博にて。このランプは、光を反射する金属ディスクを使用して、ランプの内部のイメージをスクリーンに投影しました。この発明は、一般に、最初の映画映写機であるとされています。

1809年、ジョン・ウィッカムが白熱電球を開発。この電球は、高温に加熱されて発光する白金線フィラメントを使用していました。しかし、ウィッカムの電球はあまり効率的ではなく、一般大衆に採用されるまでには何年もかかりました。

最初の市販の懐中電灯は、1878 年にジョージ ウェスティングハウスによって発明されました。彼のデザインは、明るい光を生み出す炭素フィラメントを使用していました。 ライト.ウェスティングハウスの懐中電灯は人気を博し、最終的に多くの公共の場所で標準的な光源としてガス灯に取って代わりました。

懐中電灯が発明される前

懐中電灯は、1776 年にベンジャミン フランクリンという英国人が小さなろうそくを使って光を発するガラス管を発明したときに始まりました。最初の電灯は 1879 年まで製造されませんでした。

懐中電灯がいつ発明されたかについては、いくつかの理論があります。船員が暗闇の中で航海するのを助けるために発明されたと信じている人もいれば、安全のために作られたと信じている人もいます.ただし、最も一般的な理論は、人々が暗闇の中で道を見つけるのを助けるために発明されたというものです.

懐中電灯が物事をどのように変えたか

懐中電灯は 1820 年代から存在していましたが、ジョセフ スワンとトーマス エジソンが最初の実用的な電球を発明したのは 1853 年のことでした。電球の発明は、懐中電灯産業というまったく新しい産業の発展につながりました。

今日、懐中電灯は多くの人々の日常生活の重要な部分です。暗闇での物探し、緊急時、ベッドでの読書などの日常作業に使用されます。電池式の懐中電灯から頑丈な懐中電灯まで、さまざまな種類の懐中電灯が市場に出回っています。

懐中電灯が発明された時期に関するこの記事をお楽しみいただけたでしょうか。懐中電灯に関連するすべてのことに関するより興味深い情報で、ブログセクションをすぐに更新します.

懐中電灯が発明されたのはいつですか.科学者の参加

最初の懐中電灯は、1791 年にジョン アーノルドによって発明されました。それは「月の光」と呼ばれていました。暗闇の中で見るために小さなろうそくを使いました。

1826 年、ニコラス・ジョセフ・コーシーは、最初の実用的な携帯型懐中電灯を作成しました。彼は夜に家に帰る道を見つけるために、葉巻を使って岩に光を当てました。

1878 年、エドワード スティーブンソンが最初の懐中電灯を作成しました。彼は電池と電球を使って明るい光を作りました。

1903 年、ジョージ イーストマンは、電気光源を備えた最初の使い捨て提灯スライド ランプを作成しました。それは「電気トーチ」と呼ばれていました。

懐中電灯は、洞窟を照らすために使用された 1800 年代初頭から存在しています。

懐中電灯の種類

今日、ポケット懐中電灯からヘッドランプまで、多くの種類の懐中電灯があります。懐中電灯の最も一般的なタイプのいくつかを次に示します。

懐中電灯

ポケット フラッシュライトは小型で持ち運びに便利で、暗いコーナーをすばやく照らしたり、暗闇の中で鍵を探す必要がある場合に最適です。さまざまなスタイルと色が用意されているので、ニーズに合ったものを見つけることができます。

ヘッドランプ

ヘッドライトは、たくさんの光が必要な人に人気の選択肢です。交換可能な電池が付属しており、頭にも肩にも掛けることができるので、用途が広く便利です。暗い場所での作業や暗闇での移動に最適な明るい光を提供します。

エアロゾル

エアゾールは、懐中電灯のもう 1 つの一般的なタイプです。それらは缶またはスプレーボトルで提供され、ガスを使用して光を生成します。このタイプの懐中電灯は、非常灯が必要な場合や、懐中電灯全体を持ち歩くことなく、ほんの少しの光を作りたい場合に適しています。

懐中電灯の用途と応用

懐中電灯は何世紀にもわたって使用されており、さまざまな用途があります。最も一般的な用途のいくつかは、強盗中のライトとして、暗闇で物を見つけ、夜間にポーチのライトをオンにすることです.懐中電灯は、運転中、狩猟、釣り、キャンプ中に暗闇の中で見るためにも使用できます.

緊急使用

懐中電灯の最も一般的な用途の 1 つは緊急時です。停電時、懐中電灯を使えば暗闇でも物を探すことができます。懐中電灯は、緊急時に助けを求めるためにも使用できます。

夜の冒険者向け

懐中電灯は夜の冒険家にも人気があります。暗闇の中で物を見つけたり、助けを求める信号に使用できます。懐中電灯は、ハイカーやキャンパーの間で使用されます。暗闇の中で物を見つけたり、助けを求める信号に使用できます。

結論

今日、誰もが懐中電灯がいつ、どのように発明されたかについての答えを探しています。この発明は、何世紀にもわたって歴史家や科学者を悩ませてきた謎です。この記事では、懐中電灯が発明された理由と、懐中電灯が社会に与えた影響について、考えられる説明をいくつか探っていきます。また、時間をかけて作成されたさまざまなタイプの懐中電灯のいくつかを見て、それらの人気に貢献した要因を検討します.最後に、現代の懐中電灯がどのように作られ、販売されているかについて概説します。この記事を読むことで、歴史上最も興味深い発明の 1 つについて理解を深めることができれば幸いです。

コメントを残す

Asmpick